【ONE PIECE】Adoの謝罪ツイートは映画に対する謝罪ではない件

  • URLをコピーしました!

2022年8月6日、『ONE PIECE FILM RED』が公開されました。

Adoさんがウタ役の歌唱パートを担当したことで話題になっています。

しかし現在、以下のまとめ記事が乱立してしまっています。

▼Adoさんの謝罪ツイート

まとめ記事では、映画が賛否両論になってしまったことに対してAdoさんが最速で謝罪したかのようにまとめられています。

しかし、前後関係をきちんと確認すると、映画に対しての謝罪ではないことが分かります。

目次

謝罪はツイートミスに対してされたもの

Adoさんの謝罪ツイートは「ウタカタララバイ」配信スタートに関するツイートで、ミスをしてしまったからです。

謝罪ツイートの直前のツイートがこちら。

この「ウタカタララバイ」宣伝ツイートの5分前にAdoさんは「すみません…」と謝罪しています。

これはフォロワーさんが楽曲提供者である「FAKE TYPE.」さんの綴りを間違えてツイートしていたからだと補足してくださっています。

そしてAdoさんは改めてツイートしようとしますが、今度はリンクがうまく貼れなかったことを示唆するツイートをします。

このツイート後、綴りもリンクも正しい宣伝ツイートがなされます。

この宣伝ツイートに関して「色々と(ミスがあり)申し訳ございません」と繋がるのです。

決して映画に対して謝罪したものではありません。

ネットリテラシーが問われる時代だからこそ

私も最初は「映画に関する謝罪か」と勘違いしておりました。

そしてまとめ記事のコメントやTwitterを見ると、私のように勘違いしている方が非常に多いです。

まさしくネットのデマに踊らされる典型的な例……このようなことは本件に限らず、ネット上にありふれていることでしょう。

ぜひ一度立ち止まって「本当か?」と調べてみるクセをつけていきましょう。

関連記事

シェアしてくれたら喜びます!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次