自転車の自動空気入れおすすめ5選|電動式で簡単・スマートに入れられて最高

  • URLをコピーしました!

ポンプ式の自転車の空気入れ、意外と疲れませんか?

夏場は特に、空気を入れるだけでも汗をたくさんかいて、それだけでイヤになってしまいますね。

そんなお悩みをお抱えのあなたに提案したいのが「自動」で空気を入れてくれる電動式の空気入れ。

ポンプ式でも1000~3000円程度までピンキリですが、電動式の空気入れの価格は4000~6000円前後。

しかも大抵はボールや自動車のタイヤなどの空気も入れられるようになっています。

本記事では、特にオススメだと思える自動の空気入れ5選を紹介いたします。

目次

Xiaomi(シャオミ)|電動空気入れ 1S

格安のスマートフォンでお馴染みのXiaomiの「電動空気入れ 1S」です。

特徴

・Type-Cの充電式

・充電満タンの状態⇒自転車なら約10本のタイヤの空気充填が可能

・設定された空気圧まで空気を入れると自動停止

重さは480gとコンパクト

・LEDライトあり

・バイク、自動車、ボールの空気入れも可能

気になるポイント

・稼働音が大きい

・日本語の説明書ではない

電動ということで、やはり稼働音は大きいようです。

実際に空気を入れている動画はこちらです。

日本語の説明書がないようですが、ボタンや表示が分かりやすく、それほど問題はなさそうです。

そこそこ有名な企業が販売している製品ですので、ひとまず安い価格帯で使ってみたい方にオススメ。

Wasasulua|‎CQB03

特徴

・Type-Cの充電式

車のシガーソケットに接続して使用することも可能(専用コード付属)

・設定された空気圧まで空気を入れると自動停止

メモリ機能あり(前回設定したパラメータを保存)

・重さは598g

・バイク、自動車、ボールの空気入れも可能

高輝度ライト&緊急ライト付き(点滅)

モバイルバッテリーとしても使用可能(6000mAh)

気になるポイント

・稼働音が大きい

こちらは日本語の説明書つき。

ライト機能が充実しています。またモバイルバッテリーの機能もあり、1台3役を担えます。

自転車で長旅をする方なら、こちらがいいかも知れませんね。

BORNET|電動空気入れ

特徴

・Type-Cの充電式

・設定された空気圧まで空気を入れると自動停止

自動で最適量の空気を入れるモードあり

・重さは550g

・バイク、自動車、ボールの空気入れも可能

・LEDライト付き

モバイルバッテリーとしても使用可能(5000mAh)

気になるポイント

・稼働音が大きい

こちらはAmazonにて、詳細な製品の紹介動画を見ることが可能です。

スマートな四角形の形状が特徴的で、モバイルバッテリーの機能もあり。

自動設定で空気を入れるモードがあるので、とにかく空気が入れられればOKな人はオススメ。

Tooge|電動エアコンプレッサー

特徴

・USB or シガーソケットによる充電式

(表記されていませんが、Type-Cではありません)

・シガーソケットの付属ケーブルは3m

・設定された空気圧まで空気を入れると自動停止

・重さは720g

・バイク、自動車、ボールの空気入れも可能

安定して自立する形状

気になるポイント

・稼働音が大きい

・他製品と比べて重い

バケツ型でドッシリとしており、地面に安定して置くことが出来ます。

またシガーソケットに接続するケーブルが3mと長いのも特徴的。

自転車に加えて、自動車の空気も入れたい方にはオススメ。

TradeFKJapan(KuKiiRE)|スマート空気入れ

株式会社TradeFKJapanのブランド『KUKiiRE』より、スマート空気入れが登場。

特徴

・Type-Cの充電式

(表記されていませんが、Type-Cではありません)

自動で最適量の空気を入れるモードあり

・メーカーは日本

重さは430g

・LEDライトあり

・バイク、自動車、ボールの空気入れも可能

気になるポイント

・稼働音が大きい(掃除機と同じくらいとのこと)

重さは紹介した中でも最軽量の430g。

そして日本メーカーなので、説明書やサポートといった面では安心でしょう。

動画コンテンツでも説明があり、購入前に十分に検討することが出来ます。

↓一例として、動作音の動画を上げて下さっています。

お値段は執筆時で7980円となっておりますが、2022年4月23日9時~4月29日23:59まで、Amazonにて60台限定で15%OFFで販売されておりますので、Amazonでの購入をオススメします。

人気商品であるためか、Amazonや楽天では在庫がない場合があります。

その場合、公式サイトで予約することが出来ますので、公式サイトからの購入も検討してみて下さい。

>>KukiiRE 公式サイトで探す

まとめ

どの製品も「稼働音」が大きいという点はあるものの、夜中などの時間帯でなければ問題ないでしょう。

モバイルバッテリーとして使用できるものも多いので、兼用として検討してみてもいいかも知れませんね。

さあ! あなたも、自転車の空気入れという煩わしい作業から解放されましょう!

シェアしてくれたら喜びます!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次