QOLを向上させるコスパ抜群の家電・グッズ10選【1人暮らし・新生活応援】

  • URLをコピーしました!

もうすぐ4月を迎え、新生活が始まる方も多いのではないでしょうか。

私も一昨年、転職に伴い、1人暮らしを始めました。そしていざ、1人暮らしを始めると、あれも欲しい、これも欲しい……といった感じで、色々な家電やグッズが欲しくなったのを覚えています。

そこで私の1人暮らしの経験から、生活の質を向上させ、かつコストパフォーマンスの良い家電やグッズを紹介いたします

目次

突っ張り棚|新輝合成・WM-200

収納に大活躍するのが、こちらの突っ張り棚。

ただの突っ張り棚ではありません。なんと最大で200cmまで伸ばすことが出来る優れもの。床に物をとっちらかせてしまう私には神アイテム。1人暮らしの部屋ならばたいていの場所で突っ張ることが出来るのではないでしょうか。

これを空中に突っ張らせて物を置けば、床はキレイになり、広々としたスペースを確保することが出来ます。

USB急速充電器|Anker・PowerPort 4

身の回りでもUSBで充電する機器が増えてきてはいないでしょうか。

それぞれの機器に付属する充電器の抜き差しが面倒……ならば、こちらの4ポートあるUSB急速充電器がおすすめです。これがあれば、わざわざコンセントを分岐させる必要もなし。旅行の際にも、これがあれば4つの機器をいっぺんに充電できるので、是非とも1つ持っておいてはいかがでしょうか。

シュレッダー|アイリスオーヤマ・コンパクト P5GCX

住所が書かれた郵便物、1人暮らしを始めると結構届くなと実感。

手で破って捨てるのもなんだかな、しかしながら宛名をいちいちペンで消すのも面倒……。

そこで辿り着いたのが、アイリスオーヤマのシュレッダー。価格は2000~3000円程度とお手頃。手で回すものもありますが、やはり自動でシュレッダーしてくれるのが最高。

それなりに音はしますが、騒音というほどでもなく、お値段を考えると十分な製品となっております。

ネックスピーカー|サンワダイレクト・400-SP085

私も愛用しているサンワダイレクトのウェアラブルネックスピーカー。

これがあれば、料理や洗濯、髭剃りをしながらでもテレビの音をしっかり聴くことが出来ます。

音量を上げ過ぎて隣の部屋の人に迷惑になるかも、という悩みも解決。耳を塞がないので、インターフォンや携帯電話の着信も逃すことはありません。175gと軽量ですので、首に掛け続けていても負担はそれほどありません。

こちらのネックスピーカーは、Bluetooth接続対応となっており、Bluetooth非対応のテレビには以下のようなトランスミッターが必要です。

タブレット|Amazon・Fireタブレット

1台は持っておきたい、スマホよりも画面の大きいタブレット。

その中でも格安でもオススメなのは、AmazonのFireタブレットシリーズです。

7インチのものは5980円から購入することが出来、かなりコスパがいいかと思います。

最近では漫画などを読むことが多いですが、やはり大画面だとかなり読みやすい! 漫画アプリや電子書籍を読む方などは是非、1台は持っておくといいかと思います。

スマートスピーカー|Amazon・Echo Dot(アレクサ)

「アレクサ、タイマー5分」「アレクサ、今日の気温を教えて」

そんな感じで、我が家ではアレクサに話しかけない日はありません。手を動かさずに情報が検索できるって、こんなに便利なのかと実感いたしました。

価格は第3世代であれば、4980円で買うことができ、これまたコスパ最高です。第4世代でも1000円ぐらいしか変わらないので、そちらでもOKですね。

それに1人暮らしの時に話しかけると、寂しさが軽減します。私はよくアレクサに歌を歌ってもらっていました(笑)。

Amazon Primeに加入していれば、Prime Musicも流してくれますので、オススメですよ。

ちなみに「電気を消す」「テレビをつける」「エアコンをつける」などのアクションには、別途でスマートリモコンが必要となります。アレクサ単体ではリモコンの赤外線を発することは出来ませんので、下記のようなリモコンが必要となります。

スマホの遠隔操作で出かけ先からエアコンをつけておく、なんてことも出来ますので、アレクサを買うならスマートリモコンも一緒に購入されることをオススメします!

浄水器|三菱ケミカル・クリンスイ

私は当初2リットル80円程度のミネラルウォーターを買っていました。しかし買い物の時は重くて大変ですし、買いだめでスペースを占有されてしまうのが悩みどころでした。

そんな時、出会ったのがこの浄水器。Amazonでは5000円程度で販売しており、900リットルもの水道水をろ過することが可能。ミネラルウォーターと同じ2リットルあたりの値段は5.5円とコスパは最高。

嬉しいのは、使用した水の量が液晶パネルで分かること。適切な時期にカートリッジが交換でき、使い過ぎも使わなさ過ぎも防いでくれるのでありがたいです。ちなみに二人暮らしで使用しても1年ぐらいは持ちました。

交換用カートリッジもかなり安く、浄水能力も高いのでクリンスイはかなりオススメです。

電気ケトル|ニトリ・ラマーレ4

こちらはニトリで買うことの出来る電気ケトルとなります。

1990円(税込)で販売されておりますが、500ml程度の水なら3~4分ぐらいで沸かすことが出来ます。(メーカー説明ページより、120mlは約1分半で沸かせます)

最大で1.2リットルのお湯を沸かせ、沸騰したら自動でスイッチもオフになります。2000円を切っていながら、機能や性能は申し分なく、コストパフォーマンスは間違いなくいいかと思います。

電気圧力鍋|インスタントポット(Instant Pot)・ISP1003

1台7役、今や1家に1台は必須ともう言える電気圧力鍋。

私はよくこれでカレーを作っていました。この鍋で肉などを炒めたら、そのまま水を入れて、煮込むのはほったらかし。この電気圧力鍋1台で完結して作れるので、洗い物も少なくて済んで素晴らしいです。

これで価格も1万円台、電気圧力鍋を使ってみたいという方にはオススメです。

加湿空気清浄機|シャープ(SHARP)・プラズマクラスター7000 KC-L50-W

ないよりはあった方が絶対にいい、加湿機能付きの空気清浄機。

冬場の乾燥を舐めてはいけません。何も対策しないと、朝起きたら喉がガサガサ。しかし、我が家でこの加湿空気清浄機を導入してからは、喉の乾燥が緩和されました。(※1人暮らし以上の広い部屋には、もっと強力な加湿器を推奨します)

加湿機能は気化式。定期清掃を心がければ、雑菌を飛ばす心配もありません。

そして「中」運転ならば、電気代も24時間つけっぱなしで約8円。(※電力料金目安単価27円/kWh(税込)の場合)

本体も1万円台後半で購入可能ですので、ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

まとめ

本記事では、以下の10点を紹介させて頂きました!

どれもコストパフォーマンスばっちりの便利家具、お財布にも優しいので是非購入を検討してみて下さい。

シェアしてくれたら喜びます!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次